上野クリニックで男性のお悩み解消

気になる手術内容は?

クリニックで行う包茎の治療は、一般的には手術によるものとなり、包皮の表面に麻酔をかけて、さらに冷却法などで表面を麻痺させてから、切除縫合という手順を踏みます。このとき、クランプ式という器具を使う場合と、手作業による手術の二種類があります。
ここで心配なのが痛み対する不安ではないでしょうか。通常のクリニックなどでは包皮の表面に麻酔の含まれたテープを貼って麻酔薬を浸透させるのが一般的ですが表面だけに限定されてしまうという欠点がありました。多くの手術事例のある上野クリニックなどでは、スプレー式などのより効き目が強い麻酔を使うことで、患者さんの不安を和らげているようです。次に低温ガスによる冷却法で、患部を麻痺させますが、上野クリニックでは、特殊な柔らかいジェルを半凍結させたものを直接ペニスに巻きつけることでより深部まで麻痺させる方法をとっています。さらに、麻酔針なども、最も細い針を使用して、ピンポイントで神経のツボを狙うことで極めて無痛に近い麻酔注射を実現しています。
そして、切除・縫合となりますが、クランプ法などの器具を使う場合には傷跡が残りやすく、手作業で切除・縫合した方が傷跡が目立たないと言われています。
包茎の手術自体は非常に簡単なものですが、痛みへの対策や傷跡などの仕上がりについては、クリニックの技術力に左右されるところが大きいようですので、クリニックを選ぶ場合には、治療実績なども参考にするとよいでしょう。

その他のコンテンツ